【2018年版/音楽聴き放題】音楽ストリーミングサービス 5社比較

[記事公開日]2018/03/15
[最終更新日]2019/06/29

音楽ストリーミングサービス比較

みなさん、最近CD買いましたか?

「CDが売れない時代」というのは、よく耳にしますが、実際にどれだけ売れていないのか歴代のアルバム売上ランキングと2017年のアルバムランキングを見てみましょう。

2017年アルバム売上ランキング

  • 1位 推定累積売上数:1,777,850 安室奈美恵「Finally」
  • 2位 推定累積売上数:1,174,338 SMAP「SMAP 25 YEARS」
  • 3位 推定累積売上数:774,993 嵐「untitled」

歴代アルバム売上ランキング

  • 1位 推定累積売上数:7,650,000 宇多田ヒカル「First Love」
  • 2位 推定累積売上数:5,136,000 B’z「B’z The Best “Pleasure”」
  • 3位 推定累積売上数:4,876,000 GLAY「REVIEW~BEST OF GLAY」

売上だけ見ても全然売れていないことがわかります。2017年はミリオンアルバムが2枚しかありませんね。

CDが売れていないのに、みんなどうやって音楽を聴いているの?って思った方いると思います。
現在は、世界的に見て「音楽ストリーミングサービス」が主流になっています。

実際に僕も、「Apple Music」を使用して日々音楽を聴いています。
ですが、好きなアーティストのCDは買うようにしています!実際に手に持っていたいという気持ちと、アーティストが活動を続けられるように、微量ながらもお金を使おうという気持ちを込めて、CDを買うようにしています。

前置きが長くなってしまいましたが、今回の記事は、「音楽ストリーミングサービス5社」を比較して、各社のメリット・デメリットをまとめていこうと思います。
どの音楽ストリーミングサービスを使おうか迷っている方は参考にしてみてください!

スポンサードリンク

音楽ストリーミングサービス5社比較

1.Apple Music

音楽ストリーミングサービス比較 Apple music

「Apple Music」は会員数が6000万人(2019年現在)突破!僕も6000万のうちの一人です。
去年ぐらいから使い始めていますが、正直もう「Apple Music」なしの生活は考えられないぐらい、重宝しています。

  • 運営:Apple Inc.
  • 料金:月額980円
  • 曲数:5,000万曲

メリット

・フリートライアル期間が3ヶ月と長い
・Appleユーザーは、馴染みやすい
・自分の持っている曲とまとめて管理できる
・ファミリープランがあり、お得に利用することができる。

デメリット

日本人アーティスがまだ少ないかなという印象を感じますが、随時追加されているのでそこまでデメリットに感じていません。

2019/06/29更新情報

・安室奈美恵
・WANIMA
・back number
・BUMP OF CHICKEN
・Mr.Children
・ゆず

上記のアーティスが追加されています!

2.Spotify

音楽ストリーミングサービス比較 Spotify

洋楽で「Spotify」にないものはないと言われているぐらい、洋楽に対しては非常に強いです。

  • 運営:スポティファイジャパン株式会社
  • 料金:月額980円
  • 曲数:4,000万曲以上

メリット

・プレイリストが豊富
・フリープランがある(制限あり)
・UIが美しい
・ファミリープランがあり、お得に利用することができる。

デメリット

・邦楽が少ない
・自分の持っている曲とまとめて管理ができない

3.AWA

音楽ストリーミングサービス比較 AWA

フリートプランがあったり、登録なしですぐ聴けたり、月額料金が少し安かったりと音楽ストリーミング初心者におすすめです。

  • 運営:AWA株式会社
  • 料金:月額960円
  • 曲数:約4,300万曲

メリット

・月額料金が少し安い
・フリープランがある(制限あり)
・登録なしですぐ聴ける

デメリット

フリープランでは1曲の再生時間が90秒までしか聴くとこができません。フリープランなのでしょうがないですが。

4.Google Play Music

音楽ストリーミングサービス比較 Google Play Music

色々なデバイスで聴くことができたり、自分の持っている曲を「Google Play Music」上に保存ができ、デバイスの容量を圧迫することなく曲を聴くことができます。

  • 運営:Google Inc.
  • 料金:月額980円
  • 曲数:3,500万曲

メリット

・色々なデバイスに対応
・自分の持っている曲を「Google Play Music」上に保存できる
・ファミリープランがあり、お得に利用することができる。

デメリット

・曲数が他サービスと比べ少ない
・洋楽が少ない

4.LINE MUSIC

音楽ストリーミングサービス比較 LINE MUSIC

定額と単品購入が混在しているため、定額プランに加入していても聴けない曲もヒットしてしまうところがあるため、加入前に聴きたい曲がちゃんと聴けるのか確認する必要がありそうです。

  • 運営:LINE MUSIC 株式会社
  • 料金:月額960円
  • 曲数:2,400万曲

メリット

・フリートライアル期間が3ヶ月と長い
・複数の料金プランがある
・学割があり、学生におすすめ

デメリット

・曲数が他サービスと比べ少ない
・洋楽が少ない
・PC専用アプリがない

まとめ

今回は、「音楽ストリーミングサービス」5社を比較してみました。どれも、メリット・デメリットはありますので、どの「音楽ストリーミングサービス」も無料トライアルプランがありますので、まずは使ってみて自分にあった「音楽ストリーミングサービス」を探してみてください!

冒頭でも述べましたが、僕が使っている「Apple Music」は非常におすすめなので、ぜひ試してみてください!

スポンサードリンク