【iPhone】iPhoneの劣化したバッテリーの交換方法

[記事公開日]2018/01/27
[最終更新日]2018/01/29

iPhoneバッテリー交換予約手順

iPhoneのバッテリー大丈夫ですか?

先日、Appleが「バッテリーが劣化したiPhoneの低速化」を公式説明なしに行っていて、訴訟騒ぎまでおき、大きな騒動になってしまいました。

なぜAppleが「バッテリーが劣化したiPhoneの低速化」を行っていたのか、その理由として簡単にまとめると、
「不意のシャットダウンを防ぐため、意図的に速度を低下させていた」ということです。

Appleは、今回の騒動を受け、iPhoneのバッテリー交換費用を期間限定で値下げしました。iPhoneのバッテリーを交換すれば、動作が快適に戻るそうです。

最近バッテリーが劣化しているなと感じる方は、値下げ期間中に交換した方がいいかもしれません。

値下げ期間は、2018年12月31日までです。

スポンサードリンク

バッテリー交換対象

以下のiPhoneの方は、今回に値下げの対象になります。

  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone X

2018年12月31日までの間、通常だと8,800円が3,200円で交換できます。

iPhone1台につき1回限りです。

バッテリー交換予約手順

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

上記のサイトにアクセスをし、「修理オプション」の「修理サービスを申し込む」ボタンをクリックします。

iPhoneバッテリー交換予約手順01

サポート方法を選択できるページ飛ぶので、「持ち込み修理」を選択します。

iPhoneバッテリー交換予約手順02

県名を入力します。

iPhoneバッテリー交換予約手順03

そうすると、iPhoneのバッテリー交換を行っている店舗が表示されるので、行きたいところを選択します。

iPhoneバッテリー交換予約手順04

下記の画像のように、日付が青くなっている日は、予約が可能です。
日付が灰色になっている日は、予約が不可の日になっています。

iPhoneバッテリー交換予約手順05

まとめ

今回は、PCでの「バッテリー交換予約手順」をご説明しましたが、スマートフォンの場合でも同様の手順で予約ができます。

予約がもう既に埋まっている日でも、こまめに見ていると空きが出てくる場合もあるので、常にチェックするといいと思います。

スポンサードリンク